> プレスリリース一覧にもどる

アダップ社の金属積層造形装置最新機FormUp 350を発表

~富士インダストリーズとの協業締結で日本での展開を加速~

ミシュランの合弁企業であるAddUp(アダップ、本社:フランス)は、同社のパウダーベッド式金属積層造形装置FormUp 350 (フォームアップ350)の最新機を発表しました。本製品は、アダップ独自のモジュール式で金属3Dプリンティングの拡張性の高い設計コンセプトは変えず、今まで以上に生産性、再現性、安全性を高め、高品質な金属積層造形の技術を提供します。価格はオープンで、日本における展開は既に開始しています。

FormUp 350の最新機の特徴は以下の通りです。

  • 産業活用を想定した高品質な装置でありながら、高い拡張性によりR&Dアプリケーションから生産環境までのニーズをカバー
  • ローラーとスクレーパー両方のリコーティング機構を備えているため、微細な粉末から粗い粉末までが使用可能な唯一の金属積層造形装置
  • レーザー4本搭載、不活性ガス消費量の削減、モニタリングによる自動リコーティング等に基づく生産性の向上
  • 3軸制御により、マルチレーザー製造に必要な要素である高いレーザー焦点精度を完備
  • 完全に自律的な不活性粉末モジュールを備えた最高水準の安全・衛生な作業現場

アダップ社の最新型金属積層造形装置 FormUp 350

軽量化と剛性を両立した航空機用部品
(奥:長さ225 mm、手前:45 mm)

またアダップは2021年6月1日付で、航空機関連の製造オートメーション設備機械などを取り扱う株式会社富士インダストリーズ(兵庫県神戸市、代表取締役社長:山田純嗣)および日本ミシュランタイヤ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:須藤元)の3社間協業に関する覚書を結びました。この契約に基づき、富士インダストリーズはアダップの金属積層造形装置の国内正規販売元となり、アダップの国内展開を一層加速させます。ミシュランは日本におけるアダップの技術サポートを担い、技術営業サポートおよびデモパーツ造形から、装置の組立・試運転を通じて、アフターサービスまでを支援します。

ミシュランは、6月25日付で発表した「群馬積層造形プラットフォーム」と合わせ、「タイヤを超越した」サービス・ソリューションで日本の産業発展や新たな価値創造に寄与して参ります。
プレスリリース:群馬積層造形プラットフォーム

 

「積層造形」とは

立体物を輪切りにした断面データをもとに、樹脂・粉体などの薄い層を積み重ねて立体物を製作する技術のこと。3Dプリンティング、付加製造、AM(アディティブ・マニュファクチャリング)とも呼ばれ、複雑な形状が自由に成形可能となる。航空宇宙産業・自動車・医療分野等に幅広く適用され、金属材料を用いた部品への期待も高まっている。
ミシュラングループは、タイヤ性能を向上させるため、この技術を金型製造に使用し、10年以上にわたる量産でのノウハウと知見を保有している。

 

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万3,600人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。71製造拠点で、約1億7,000万本のタイヤを製造(2020年実績)するとともにデジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくはwww.michelin.com をご参照ください。