> プレスリリース一覧にもどる

日本ミシュランタイヤ、クラシックカー用4×4タイヤ「MICHELIN X M+S 244」を復刻発売

~外観はそのままに性能を向上させ、こだわりの名車が現代に甦る~

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:須藤 元、以下「ミシュラン」)は、クラシックカー用4×4タイヤ「MICHELIN X M+S 244(ミシュラン エックス エムプラスエス ニーヨンヨン)」を7月15日より発売します。価格はオープンです。

当製品は、オフロードにおける走破性はもちろん一般路での操縦安定性や耐摩耗性に優れた4×4向けタイヤとして1990年に初めて販売されました。外観は当時のままにドライ、ウエット性能そして耐摩耗性などタイヤ諸性能の向上を実現しています。

強さもありながらしなやかなタイヤ構造や厚みのあるトレッドと深い溝のコンビネーションは、オフロードでの正確なハンドリングと高い走破性を発揮し、快適な乗り心地を可能にします。ミシュランはこれからもクラシックカーオーナーの要望に応えながら性能の向上を図り、クラシックタイヤでモビリティに貢献してまいります。

MICHELIN X M+S 244
MICHELIN X M+S 244ロゴ

【製品詳細】

MICHELIN X M+S 244製品詳細

【装着が見込める代表的な車両】

MICHELIN X M+S 244装着が見込める代表的な車両

 

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万3,600人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。71製造拠点で、約1億7,000万本のタイヤを製造(2020年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。