> プレスリリース一覧にもどる

ミシュラン、自動車専用360度スキャナーを提供する仏ProovStation(プルーブステーション)と提携

~自動車両点検ソリューションを強化、車両点検全体を30分から1分未満に短縮~

本リリースは、仏Boulogne-Billancourtで2021年4月15日に発表した英文リリースの抄訳です

 

ミシュラン(日本法人:日本ミシュランタイヤ株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:須藤 元、以下「ミシュラン」)は自動車専用360度スキャナーを提供するProovStation(本社:フランス、「プルーブステーション」)と提携し、自動車両点検ソリューションを強化します。

ミシュランの自動タイヤ点検ソリューションMICHELIN QuickScan

図1:ミシュランの自動タイヤ点検ソリューション
MICHELIN QuickScan

タイヤ摩耗を自動測定

図2:タイヤ摩耗を自動測定

車両点検は、これまで約30分を要し、うち約3分でタイヤ点検をするのが一般的でした。今回の提携により、わずか数秒でタイヤを点検し車両点検全体を1分未満に短縮することが可能になります。また、車両点検費用を抑え、点検結果の信頼性も高まります。

ProovStationが開発したソリューションに、ミシュランは路面磁器スキャナーMICHELIN QuickScanで培ったタイヤ点検技術を提供します。MICHELIN QuickScanにより自動車両点検機能が強化され、タイヤの摩耗をミリメートル単位の精度で自動かつ瞬時に確認できるようになります。

MICHELIN QuickScanは、路面の磁気スキャナーでタイヤ摩耗を自動測定します。すべてのブランドのタイヤと車両を、雨、雪など天候に関わらず測定可能で、電気機器無しに4時間以内に簡単に設置できます。また、汚れや泥を取り除く必要はなくメンテナンスも容易です。15以上の特許出願をしたこのツールに加え、ミシュランは独自の人工知能アルゴリズムでタイヤデータを精査分析します。

ProovStationのCEO Cédric Bernard氏は以下のように述べています。
「ミシュランと技術および事業提携できることを誇りに思います。この事業提携でグローバルにイノベーションを共有することで、車両点検で比類のない品質、速度、単価を実現できます」

ミシュランのコネクテッドモビリティサービスディレクター アントン・トーマスは次のように述べています。
「ProovStationとの提携は喜ばしく、デジタル点検の知識を蓄積する機会となります。強みを補完し合い活用することで、ミシュランのオープンイノベーションのアプローチを強化していきます」

 

【ProovStationについて】

ProovStationは欧州13か国で事業展開する、コンピュータービジョンを専門とするDeepTechの新興企業です。 2017年以降、自動車検査プロセスの自動化、標準化、修理費自動見積もりを追求してきました。ProovStationは、一連の光学技術で、3秒で360°スキャンを実行するハイテク車両スキャナーを開発しています。「ステーション」は、全方位から損傷をミリメートル単位で分析し、人工知能を活用して車両の全損傷を検出します。ProovStationの顧客は、さまざまなSaaSソリューション(修理費自動見積もり、再販価格自動見積もり、2D / 3Dフォトスタジオ、等)を入手できます。
 

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万3,600人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。71製造拠点で、約1億7,000万本のタイヤを製造(2020年実績)するとともにデジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。