> プレスリリース一覧にもどる

日本ミシュランタイヤ株式会社、新社長就任のお知らせ

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区)は、B2C事業部 専務執⾏役員の須藤 元(すどう げん)を、4月1日付で代表取締役社長とする人事を発表します。2015年から5年半にわたり同職を務めたポール・ぺリニオは、東アジア・オセアニア地域(中国除く)のB2C営業責任者となります。ぺリニオはタイに転任し、日本を含むより広範エリアの乗用車・商用車・2輪営業部を統括します。

須藤は、日本ミシュランタイヤ株式会社発足以来、初めての日本人社長となります。1999年に入社後、2回の中国赴任でアジリティ(機敏性)を経験し、海外の業界事情にも精通しています。ミシュラングループが掲げる顧客中心主義や地球・人・利益の持続可能性に貢献する精神を礎に、「2050年までにタイヤをすべて持続可能にする」というグループの取り組みを引き継ぎ推進していきます。日本のお客様、そして社会と共に歩む日本ミシュランタイヤにこれからもご期待ください。

 

ポール・ぺリニオについて

ぺリニオは、1995年に日本ミシュランタイヤ株式会社入社。フランスや英国、アイルランドなどのミシュラン要職を経て日本でも主要な営業・マーケティング職を歴任し、2015年11月に日本ミシュランタイヤ株式会社の代表取締役社長に就任。在職中はミシュラングループが掲げる顧客中心主義を実践するため、可能な限りお客様の元に足を運び、日本の市場・お客様にご満足いただけるサービスの実践を徹底してきました。また、持続可能な未来の実現のため、地球・人・利益の「三方よし」の実現に向けて社内の改革をリードし続けました。

 

新社長 須藤 元について

生年月日:
1971年6月10日(49歳)
学歴:
1994年 室蘭工業大学電気電子工学科 卒業

職歴:

1999年3月
日本ミシュランタイヤ株式会社入社
2002年10月
中国ミシュランタイヤ、直需タイヤセールスマネージャー
2008年1月
日本へ帰任、直需タイヤビジネスビジネスアナリスト
2010年1月
直需タイヤ名古屋セールスマネージャー
2011年10月
直需タイヤ名古屋オフィスマネージャー
2015年1月
直需タイヤ東京兼名古屋オフィスマネージャー
2016年4月
中国ミシュランタイヤへ赴任、副総監、直需セールスダイレクター
2020年8月
日本ミシュランタイヤ株式会社 B2C事業部(乗用車、商用車、2輪)専務執行役員
2021年4月
日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 就任(現職)

 

 

趣味:
ゴルフ
座右の銘:
“疾風知勁草” 「疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る」
須藤元

 

 

須藤 元のコメント

「自動車・タイヤ業界が大転換期を迎えている今、日本ミシュランタイヤの舵取りを担うことに重責と大きなやりがいを感じています。ミシュラングループがお約束している『100%持続可能なタイヤおよびソリューションの実現』を日本でも促進するほか、日本のお客様が真に求め、喜んでいただけるサービスをタイヤを超えて大胆に練っていきます。そのために、お客様、社会、社員のことばを真摯に傾聴し、チームで考え抜き、本当に時代に即した進化を見極めて戦略を策定・実行してまいります。変化には不安が伴うものですが、私はこれを大きなチャンスと捉えています。社員一人一人が明確な意思と目的を携え、パートナーの皆様や社会に貢献する企業になるよう、日々挑戦を続けて参ります。皆様のご指導・ご鞭撻を賜りたく、どうぞよろしくお願い申し上げます」

 

ミシュランについて

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万3,600人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。71製造拠点で、約1億7,000万本のタイヤを製造(2020年実績)するとともにデジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。