> プレスリリース一覧にもどる

日本ミシュランタイヤ、ヤングタイマー向けクラシックカー用タイヤ2製品を新発売

~80年代から90年代に活躍した国内外車両向け2製品14サイズをラインナップ~

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ、以下「ミシュラン」)は、クラシックカー用タイヤ、「MICHELIN Pilot Exalto PE2(ミシュラン パイロット エグザルト ピーイーツー)」を4月より、「MICHELIN Primacy 3(ミシュラン プライマシー スリー)」を7月より順次発売します。価格はオープンです。

80年代から90年代に生産販売された車両は「ヤングタイマー」または「ネオクラシック」と言われ、そのデザイン性や走行性能に加えてクラシックカーに比べてパーツの入手やメンテナンスの容易なことから近年国内外で人気が高まっています。ミシュランはクルマ文化の継承とその時代における車両に最適なタイヤを提供するため、このたび2製品をクラシックカー用タイヤのラインナップに追加しました。

MICHELIN Pilot Exalto PE2は、その特徴的な左右非対称パターンでコーナリング時に優れたドライグリップ性能を発揮するだけでなく、ウェット時における高い排水性能を確保し安全性に貢献します。モダンクラシックでありながらスポーツタイヤとしての性能を十分に持ち合わせ、ヤングタイマー本来の走りをドライビングプレジャーとともに現代に蘇らせます。

MICHELIN Primacy 3は、プレミアムな走りを求めるクラシックサルーン向け「アクティブコンフォートタイヤ」です。高いグリップ力と静粛性を両立させ、さらに高速時でも安定した操縦性能を発揮します。これまで国内外の多くの車両に新車装着用タイヤとして採用された実績がそのパフォーマンスの高さを証明しています。

 

MICHELIN PILOT EXALTO PE2MICHELIN Primacy 3

MICHELIN PILOT EXALTO PE2

MICHELIN Primacy 3

 

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万3,600人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。71製造拠点で、約1億7,000万本のタイヤを製造(2020年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくはwww.michelin.comをご参照ください。