> プレスリリース一覧にもどる

日本ミシュランタイヤ、日本における2021年モータースポーツ活動を発表

~2021 AUTOBACS SUPER GT GT500クラスの2チームにタイヤを供給~

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ、以下「ミシュラン」)は、2021年のモータースポーツ活動について、以下の内容で実施します。

■2021 AUTOBACS SUPER GT(2021オートバックス・スーパー・ジーティー)

GT500クラスでは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R (エントラント名:NDDP RACING with B-MAX)および#23 MOTUL AUTECH GT-R(エントラント名:NISMO)の2チームにタイヤを供給します。過去4度のシリーズチャンピオン獲得という実績※1と、SUPER GT開催年から参戦し続けたなかで得た経験と技術力を結集させ、シリーズチャンピオンを獲得できるようミシュランタイヤ装着車を全力でサポートします。

■PORSCHE CARRERA CUP JAPAN(ポルシェ・カレラカップ・ジャパン)

2021年も引き続きオフィシャルタイヤサプライヤーとしてレースをサポートします。

■PORSCHE SPRINT CHALLENGE JAPAN(ポルシェ・スプリントチャレンジ・ジャパン)

オフィシャルタイヤサプライヤーとしてPORSCHE SPRINT CHALLENGE JAPAN(以下、PSCJ)に対してタイヤを供給します。PSCJは PORSCHE CARRERA CUP JAPAN ヘのステップアップカテゴリーとして2010年から開催されています(2018年まで「PORSCHE GT3 CUP CHALLENGE JAPAN(GT3CC)」として開催)。2016年よりミシュランがオフィシャルタイヤの供給を始め、上位カテゴリーと同様の品質のタイヤでレースを走れるだけでなく、上位クラスと同様のサポートを受けることができるレースシリーズです。

※1 2005年~2020年におけるシリーズチャンピオン獲得数

■2021 AUTOBACS SUPER GTサポートチーム

GT500クラス

GT500クラス

2021年 供給タイヤサイズ

2021年 供給タイヤサイズ

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万3,600人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。71製造拠点で、約1億7,000万本のタイヤを製造(2020年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。