> プレスリリース一覧にもどる

ミシュラン、ハイパフォーマンスカー向けランフラットタイヤ「MICHELIN Pilot Super Sport ZP」がLEXUS LC500 Convertibleに純正装着

ミシュランは、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)の新型車LEXUS LC500 Convertibleの新車装着用タイヤとして、ハイパフォーマンスカー向けランフラットタイヤ「MICHELIN Pilot Super Sport ZP(ミシュラン パイロット スーパー スポーツ ゼットピー)」が採用されました。サイズは前輪245/40RF21、後輪275/35RF21となります。

当製品はLEXUS LCが持つ世界最高レベルのスポーツカーテクノロジーとそのパフォーマンスの実現に貢献するため開発されたハイパフォーマンスカー向けスポーツタイヤです。耐久レース向けに開発されたテクノロジーを採用することで過酷な走行条件下でも安全性を損なうことなく優れた耐摩耗性と卓越したグリップ力を発揮します。

LEXUSの求めるあらゆる性能に応えるため、最新のランフラットタイヤテクノロジーを採用することで、突然のパンクによる急な空気漏れが発生しても、安定したハンドリング性能の維持に貢献すると同時に、タイヤ重量と転がり抵抗の低減という環境面にも配慮、さらにオーナーの求める快適な乗心地の提供を可能にします。

MICHELIN Pilot Super Sport ZP タイヤ画像

MICHELIN Pilot Super Sport ZP 製品ロゴ

【装着車両】

MICHELIN Pilot Super Sport ZP 装着車両画像

Photo by LEXUS
詳しくはレクサス公式ホームページをご覧ください。

【採用技術】

  • デュアル・コンパウンド2.0
  • 省燃費タイヤ用のシリカと耐久レース用に開発された2種の異なるコンパウンドで構成することにより、過酷な走行状況の下でも安全を確保するのに必要な優れた耐摩耗性と卓越したグリップ力を発揮します。

    デュアル・コンパウンド2.0

     

  • ハイブリット・アラミド/ナイロンベルト
  • アラミドとナイロンをハイブリッド化。低荷重領域ではナイロンのしなやかさで快適な乗り心地を確保。高荷重領域ではアラミドの強度特性を活用し、コーナリング性能を全荷重域で向上させています。また低空気圧時におけるタイヤ剛性も確保します。

    ハイブリット・アラミド/ナイロンベルト

     

  • ランフラット補強ゴム最適化技術
  • 新規フィラー技術を適用し、ランフラットタイヤとしての耐久性と省燃費の両立を実現。車両前後荷重配分を考慮し補強ゴム厚さをフロント・リアタイヤでそれぞれ最適化しています。

    ランフラット補強ゴム最適化技術

 

【ミシュラン・トータル・パフォーマンス】

安全性、快適性、省燃費性能、そしてこれらの性能を持続させるための耐久性など、タイヤにはたくさんの性能が求められます。そこで私たちは、あるひとつの性能に秀でたものをつくるのではなく、すべての性能を追求する道を選びました。どの性能も水準以上のパフォーマンスを備え、かつ、それぞれが調和していること。それが「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」です。

 

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万7,000人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。69製造拠点で、約2億本のタイヤを製造(2019年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。