> プレスリリース一覧にもどる

ミシュラン、公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤ「MICHELIN POWER CUP 2」をKTM 890 DUKE Rに装着

~MotoGPで培ったレース技術を投入、ケーシングに軽量で強度の高いアラミド繊維を採用~

ミシュランの公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤ「MICHELIN POWER CUP 2(ミシュラン パワー カップ ツー)」を、オーストリアのスポーツモーターサイクルメーカーであるKTM(ケーティーエム)のミドルクラスの新型ネイキッドバイク「KTM 890 DUKE R」への提供を開始しました。サイズはフロント120/70 ZR 17、リア180/55 ZR 17となります。

当製品は公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤであり、レースからサーキット走行までよりアグレッシブなライディングを楽しむために開発されました。KTM 890 DUKE Rの特徴であるパワフルかつトルクフルな性能を余すところなく引き出すことに貢献します。

ミシュランがMotoGPTMで培った技術を当製品に惜しみなく投入することで、バイクの持つポテンシャルを最大限に引き出し、ユーザーが求めるより安全でスポーティーな走りに貢献します。また性能のみならず、ミシュラン独自の金型技術が可能にするベルベット調のサイドウォールデザインがバイクに躍動感を与え、外観からもそのパフォーマンスの高さを演出します。

MICHELIN POWER CUP 2タイヤ画像

MICHELIN POWER CUP 2製品ロゴ

【装着タイヤ】

装着車両・タイプ タイヤパターン タイヤサイズ
KTM 890 DUKE R MICHELIN POWER CUP 2 フロント:120/70 ZR 17 M/C (58W) TL
リア:180/55 ZR 17 M/C (73W) TL

【装着車両】

MICHELIN POWER CUP 2 装着車両画像

Photo by KISKA
詳しくは公式ホームページ(www.ktm.com)をご覧ください

【MICHELIN POWER CUP 2採用技術】

  • 2CTおよび2CT+採用
  • タイヤ中央部とショルダー部で異なるコンパウンドを1本のタイヤで使い分けるテクノロジー。最適化された配合率のシリカコンパウンドとカーボンブラックを適用

    2CT フロント2CT+ リア

    画像はイメージです

     

  • ケーシングに軽量で強度の高いアラミド繊維を採用
  • 全製品のケーシングに軽量で強度の高いアラミド繊維を採用

    フロント

    リア

    画像はイメージです

     

  • レーザー技術による金型(モールド)が成型するサイドウォールデザインは、その表面にベルベット調のコントラストを映し出し、バイクにより躍動感を与えます。
  • サイドウォールデザイン

 

【ミシュラン・トータル・パフォーマンス】

安全性、快適性、省燃費性能、そしてこれらの性能を持続させるための耐久性など、タイヤにはたくさんの性能が求められます。そこで私たちは、あるひとつの性能に秀でたものをつくるのではなく、すべての性能を追求する道を選びました。どの性能も水準以上のパフォーマンスを備え、かつ、それぞれが調和していること。それが「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」です。

 

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万7,000人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。69製造拠点で、約2億本のタイヤを製造(2019年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。