> プレスリリース一覧にもどる

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(仏語)改訂第6版 販売開始

新たに157箇所を新規掲載。富山、奄美群島などウェブ版の内容を反映

 

フランスのタイヤメーカー、ミシュランは、日本を訪れる外国人観光客向けの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改定第6版を、本日2月17日(フランス時間)より順次出荷開始いたします。本版はフランス語で発行し、主にフランスをはじめとする仏語圏で販売される予定です。

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第6版 フランス語版 表紙画像

©MICHELIN

ミシュラン・グリーンガイドは、観光地、景勝地や史跡など、旅行者がその土地をより深く理解し、満喫できる情報を掲載し、そのおすすめ度を星の数で紹介しています。約2年半ぶりの販売となる本書では、すでにウェブ(https://travelguide.michelin.com)で発表されている三つ星のほか、ミシュラン社員による新たな追加調査情報および、近年調査・公開した奄美群島、水俣、大分、山陰、日光国立公園、富山などのミシュラン・グリーンガイドの各英語版ウェブサイトの掲載地も反映しており、奄美群島(★★)、富士山本宮浅間大社(★★)など30箇所の二つ星と、三陸海岸(★)など80箇所の一つ星など、日本各地の新たな見どころ157箇所が追加されています。

観光庁は2018年に見直した3年訪日プロモーションで、2020年までに訪日外国人旅行者数を4,000万人に、訪日外国人旅行消費額を8兆円にする目標を掲げています。海外からの日本への旅行者数は国際情勢による影響はあるものの、年々順調に増加してきました。

日本ミシュランタイヤ株式会社(東京都新宿区)代表取締役社長のポール・ペリニオは、今回の発行に寄せて次のようにコメントしています。
「2020年は日本の観光産業にとって節目の年です。北海道から沖縄まで日本各地で、訪れる旅行者が美しい景観を満喫したり、ユニークな日本文化を体験したり、新たな魅力を発見していただくお手伝いができることをうれしく思います」

フランスのミシュラン・グリーンガイド編集部は以下のようにコメントしています。
「前回のグリーンガイド発行から、私たちは幾度となく日本各地を訪れました。そして多くの素晴らしい風景や文化、人々と出会い、観光地を取材することが出来ました。それを改定第6版として紹介できることをとてもうれしく思います。2020年という日本にとって特別な一年だけではなく、継続して海外から多くの観光客が日本を訪れ、素晴らしい出会いと体験をしていただくことを願っています。Bon voyage!」

 
 

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第6版 新規掲載地一覧

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第6版 新規掲載地一覧

  • このリストは、フランスで編集・発行している「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」の掲載地一覧を手作業でまとめたものです。便宜上分類、翻訳し整理し作成したものです。オリジナルは書籍原文のフランス語となります。
  • すでにウェブ掲載されており、書籍では初めての掲載となる箇所も含みます。
  • このリストは、報道機関の方々が特定の掲載地点について、掲載されている事実・星の数などを参照していただくための資料として作成しております。本リスト全体の転載は堅く禁じます。

富山県 宇奈月温泉はGreen Guide公式ウェブサイト内(https://travelguide.michelin.com/asia/japan/toyama/unazuki-onsen)ですでに一つ星で発表されておりますが、改訂第6版仏語版書籍に置いて1つ星の表記がされていない誤りがありました。本リストおよび今後発行予定の改訂第6版英語版では引き続き一つ星として紹介しております。お詫びして訂正いたします。

 

「ミシュラン・グリーンガイド」とは

ミシュラン・グリーンガイドは、飲食店・レストランやホテルを評価するミシュランガイドと同様、フランスのタイヤメーカーであるミシュランが人々の快適なドライブをサポートするために100年以上前から発行しています。現在は、ドライブにとどまらず、幅広い旅行者に旅の目的地を提案し、人や物のモビリティに貢献しています。
 最初のミシュランガイド・フランス版は、1900年8月に発行されました。当初、ドライバーのために作成されたこのガイドには、タイヤの使い方と修理方法、自動車修理工場のリスト、市街地図、ガソリンスタンド、ホテルやレストランなどの実用的な情報が満載していました。「ミシュラン・グリーンガイド」は1926年、ブルターニュ編の発行により、旅行ガイドとして誕生しました。ミシュラン兄弟は、自動車の活用を促進し、ひいてはタイヤ市場を発展させていくために、旅をより安全で楽しいものにすること、つまりモビリティの向上を目指しました。これは現在もミシュランの地図、ガイドなどの各種刊行物に共通の目標になっています。
 「ミシュラン・グリーンガイド」コレクションは、好奇心に満ちた旅行者たちが、訪れる土地をよりよく理解し、充実した旅を楽しめるような情報を満載しています。豊かな自然や多彩な文化に触れることができる興味深い観光地が紹介されており、掲載地は旅行者へのおすすめ度という観点で、星なしから「わざわざ旅行する価値がある」という三つ星までが付与されています。星は「わざわざ旅行する価値がある(★★★)」、「寄り道する価値がある(★★)」、「興味深い(★)」を意味します。この評価は、「ミシュラン・グリーンガイド」独自の9つの基準に従って決められます。

  1. 旅行者がその観光地を訪れた時に受ける第一印象
  2. その場所の知名度
  3. 文化財の豊かさ、レジャーの充実ぶり
  4. ユネスコの世界遺産などの公的評価
  5. 芸術品や史跡の固有の美術的価値
  6. 美観
  7. 作り物ではない本物としての魅力と調和
  8. 旅行のしやすさと利便性(施設整備、アクセス、維持管理など)
  9. 旅行者の受け入れの質

「ミシュラン・グリーンガイド」コレクションは、客観的で正確、明瞭でわかりやすい情報を提供し、旅行者をサポートすることを常に目指しています。現在110種類のグリーンガイドと89種類のグリーンガイド・ウィークエンドが計8か国語で展開されています。2009年から外国人観光客に日本の魅力をお伝えする『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』が発行され、約2年おきに改訂版を出版して掲載地を増やしています。

 

ミシュランについて

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くタイヤ製造の世界的なリーダーです。12万5,000人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。67の製造拠点で、約1億9千万本のタイヤを製造(2018年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。