> プレスリリース一覧にもどる

ミシュラン、IFPEN、アクセンスが、バイオバタフライ・プロジェクトの新次元を開く

ミシュラン(日本法人:日本ミシュランタイヤ株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ、以下「ミシュラン」)、IFP Energies nouvelles 、およびアクセンスは、バイオエタノールからブタジエンを生成する工業規模では初となる試作設備をフランスに建設することを発表しました。

バイオバタフライ・(BioButterfly)プロジェクトとは?

2012年後半にミシュラン、IFPEN、アクセンスによって開始された、持続可能な産業発展を目的とするプロジェクトです。より環境に優しい革新的な合成ゴムを製造するために、バイオマス(植物)由来のエタノールからブタジエンを製造することを目指しています。本プロジェクトは、フランス政府主導「未来への投資」プログラムの下、Ademe(フランス環境エネルギー管理庁)のサポートを受けています。

本設備の建設は2019年後半に着手し、2020年後半に完成予定です。建設地はボルドー近くのバッサンスで、石油由来のブタジエンで主に欧州市場向けの合成ゴムを製造しているミシュランの工場内を予定しています。バイオバタフライ・プロジェクトの総投資額は7,000万ユーロであり、このサイトで約20種の雇用が創出される見込みです。

この試作設備ではまた、森林および農業残渣(麦わら、木材チップなど)から作られた2Gエタノール(第2世代、食物と競合しない)を含む、あらゆる種類のバイオマス由来エタノールをテストします。IFPENが開発したプロセスを検証し、グリーンテクノロジーのポートフォリオを拡充することが最終的なゴールとなります。これにより、ミシュランは持続可能なモビリティという目標を満たしながら、ブタジエンをより確実に入手できる体制を整えます。

バイオバタフライ・プロジェクトは、数年間の試験室試験(数グラムの製造)、IFPEN-Lyonでのパイロット開発(数百グラムの製造)を経て、工業規模の試作段階に至りました。本設備では、今までの研究で培われた技術と大量生産(20〜30トン/年)の実現性を一連の生産工程上で検証します。この最終段階の後、完成品(100,000トン/年)をアクセンスが販売する予定です。

この試作設備建設の決定により、バイオバタフライ・プロジェクトはバイオ由来の合成ゴム産業の発展を促し、業界の環境負荷を低減することで持続可能な産業に貢献することを、改めて表明します。

ミシュラングループCEO フロラン・メネゴーは次のように述べています。
「環境への影響を考慮することは、持続可能なモビリティの先駆者およびリーダーとしてのミシュラングループのアイデンティティの一部です。 2050年までに、当社のタイヤに使用される原材料の80%が持続可能なものになります。バイオブタジエンはこの目標の約20%を占めると予想しています」

IFPEN会長 Didier Houssin氏は次のように述べています。
「IFPENはバイオ由来製品とバイオ燃料の分野で革新的な技術を開発しています。 バイオバタフライ・プロジェクトを通じて、当社の研究は新エネルギーへの移行産業の創出に貢献しています」

アクセンス会長兼CEO ジャン・サンテナック氏は次のように述べています。
「石油精製・石油化学向けのプロセス技術および触媒販売で世界的に知られるアクセンスは、このプロジェクトにより、バイオ由来化学市場へも提案を拡大します」

ブタジエンとは
合成ゴムの製造に使用される化合物で、現在は石油から製造されています。我々は世界中で毎年1,200万トン以上のブタジエンを消費しており、そのうち約40%がタイヤ製造に使用されています。

 

 

ミシュランについて

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くタイヤ製造の世界的なリーダーです。12万5,000人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。67製造拠点で、約1億9千万本のタイヤを製造(2018年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。連絡先:日本ミシュランタイヤ株式会社 広報部 石井/三輪 03-5990-5603

IFPENについて

IFP Energies nouvelles(IFPEN)は、エネルギー、輸送、環境分野の研究およびトレーニングの主要プレーヤーです。研究から製造まで技術革新はすべての活動の中心であり、3つの戦略的優先事項:持続可能なモビリティ、再生可能エネルギー、責任ある石油とガスに基づいています。連絡先:Anne-Laure de Marignan:+33(0)1 47 52 62 07、presse @ ifpen.fr

アクセンスについて

Axens(www.axens.net)アクセンスは、石油とバイオマスのクリーン燃料への変換、石油精製・石油化学向けのプロセス技術ライセンス及び触媒販売、およびガソリン処理と変換のためのソリューションを提供するグループです。技術、機器、加熱炉、モジュラーユニット、触媒、吸着剤、および関連サービスを提供します。アクセンスは、フィージビリティスタディーから装置の立ち上げとフォローアップに至るまで、バリューチェーン全体を網羅しています。環境負荷低減に寄与し、最高品質のパフォーマンスを保証します。高度な訓練を受けた人材、最新の生産施設、産業および技術サポートとビジネスサービスのためのグローバルネットワークにより、ソリューションをグローバルに提供します。アクセンスはIFP Energies nouvelles Groupの子会社です。連絡先:Corinne Garriga +33(0)1 47 14 25 14、corinne.garriga@axens.net