> プレスリリース一覧にもどる

ミシュラン、国際デザイン・コンペティション 「2020 ミシュラン・チャレンジ・デザイン」のテーマを発表

〜Upcycle(アップサイクル)で持続可能なモビリティの過去を未来につなげる〜

ミシュラン(日本法人:日本ミシュランタイヤ株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ、以下「ミシュラン」)は、2020年、国際デザイン・コンペティション「2020 ミシュラン・チャレンジ・デザイン」を開催します。持続可能なモビリティの過去を未来につなげる「2020 ミシュラン・チャレンジ・デザイン」のテーマは Upcycle(アップサイクル)です。参加者が過去20年の受賞作品から示唆を得られるような催しが企画されます。

ミシュラン・チャレンジ・デザイン会長Nicholas Mailhiotは以下のように述べています。
「循環経済はより少ない資源と原材料で多くを達成します。現代の社会的、環境的、経済的課題へのソリューション構築のためには、世界的に循環経済が追及されています」

アーティスト、デザイナー、エンジニア、建築家、都市計画者、未来派、の個人またはチームが招待され、ミシュラン・チャレンジ・デザインの300点におよぶ過去の受賞作品からインスピレーションを得て、持続可能なモビリティにおけるデザインの役割を明確にします。

参加者は、再利用されたアップサイクルデザインが社会的、環境的、または経済的価値をどのように高めるかを視覚的に伝えます。

1位から3位までの受賞者は、2020年6月3日から5日にかけてモントリオールで開催されるMovin’On Summitのプライベートレセプションで表彰されます。受賞作品が展示され、ミシュラン・チャレンジ・デザインの審査員と自動車業界のトップデザイナーが講評します。

Sustainable Development&MobilityパートナーシップディレクターMike Marchandは以下のように述べています。
「循環経済に移行するために、私たちは皆、リユースやリサイクルを超えて、第二の命や目的を見出だすことが求められています。20回目のミシュラン・チャレンジ・デザインを、アップサイクルを通じてグローバル・サスティナブル・モビリティ・サミットMovin’Onへと深められることは、理想的な開催方法です」

世界中の若いデザイナーを奨励・評価するためにミシュランが2001年に創設したミシュラン・チャレンジ・デザインは最も権威ある世界的なデザイン・コンペティションの1つになりました。審査員は大手自動車メーカーの先進デザインリーダーや、近年は世界的な持続可能なモビリティコミュニティから専門家が参加するようになっています。

ミシュラン・チャレンジ・デザインには過去19年間で134か国から14,000点もの応募が寄せられました。

これまでのミシュラン・チャレンジ・デザインのテーマには、
「電化(2010)」、「軽量化(2013)」、「自動運転、および半自動運転車両(2014)」、「すべての人のためのモビリティ(2016)」、「巨大都市のモビリティを刺激する(2019)」などがありました。

ミシュラン・チャレンジ・デザイン・プログラムの成長と成功は、社会的な意味のあるテーマと、グローバル・デザイン・コミュニティ、審査員、Movin’On Summitの継続的なサポートによるものです。

最近の受賞者と最終選考に残った応募者は、韓国、インド、イギリス、ロシア、アルジェリア、アメリカ、イタリア、ドイツ、コロンビア、フランス、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ポーランド、サウジアラビア、カナダ、チェコ共和国、オーストラリア、インドネシア、ベルギー、トルコ、メキシコ、アルバニア、バーレーンから選出されました。

 

ミシュラン・チャレンジ・デザインの過去の受賞作品は、こちらをご覧ください。
http://www.michelinchallengedesign.com/the-challenge-for-2020/previous-entries/

 

Movin’On Summitの詳細は、こちらをご覧ください。
https://www.movinonconnect.com/en/

 

ミシュラン・チャレンジ・デザインの事前登録は、2019年8月30日より開始されています。
応募は2020年1月1日から2020年3月1日まで www.michelinchallengedesign.com

 

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くタイヤ製造の世界的なリーダーです。12万5,000人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。67製造拠点で、約1億9千万本のタイヤを製造(2018年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。