> プレスリリース一覧にもどる

日本ミシュランタイヤ、在日フランス商工会議所主催 「第8回フレンチビジネス大賞2019」にて「イノベーション賞」受賞

~「MICHELIN X One」「MICHELIN TPMSクラウドサービス」の技術力と革新性が評価~

 

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ)のトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「MICHELIN X One」(ミシュラン エックスワン)ならびにIoTを活用した管理システム「MICHELIN TPMSクラウドサービス」(ミシュラン ティーピーエムエスクラウドサービス)が、在日フランス商工会議所が主催する第8回フレンチビジネス大賞において「イノベーション賞」を受賞しました。1月31日にグランドハイアット東京で開催された授賞式および表彰セレモニーに登壇しました。

フレンチビジネス大賞は、在日フランス商工会議所会員企業600社を対象に製品やサービスの成功、革新性、社会貢献などについて著しい成果が認められた企業の活動を称えるために設けられた賞で、8回目の開催となる今年は「イノベーション賞」のほか「カンパニー・オブ・ザ・イヤー」「アントレプレナー賞」「プロダクト・サービス・オブ・ザ・イヤー」「日仏コラボレーション賞」「フレンチテック東京賞」「中小企業賞」「審査員特別賞」8つのカテゴリーがあります。

※写真右から、在日フランス商工会議所 会頭 アルメル・カイエール氏、エア・リキードグループ北東アジアパシフィック バイスプレジデント アラン・コンビエ氏、日本ミシュランタイヤ株式会社 B2Bタイヤ事業部マーケティングダイレクター 田中禎浩

このたびイノベーション賞を受賞した「MICHELIN X One」 は、トラックの後輪に装着されるダブルタイヤを1本に減らし、1車軸当たり約100kgの軽量化を実現することで車両の輸送効率向上ならびに環境負荷低減に貢献するプレミアムワイドシングルタイヤシリーズです。「MICHELIN TPMSクラウドサービス」は、タイヤにセンサーを取り付け、タイヤの空気圧や内部温度をIoTサービスで可視化するシステムです。タイヤの空気圧や内部温度が設定値を超えると、ドライバーや運行管理者・販売店・レスキューネットワークに警告メールが送られ、事故やトラブルを未然に防ぐことができるサービスです。

日本ミシュランタイヤ株式会社代表取締役社長ポール・ペリニオは以下のように述べています。
「このたび、ミシュランの革新的なタイヤと関連サービスの実績を評価されたことは大変名誉なことです。組織のあらゆるレベルにおいて積み上げた努力をさらに磨き上げ、モビリティの継続的な発展に貢献できるよう社員一同ますます尽力していく所存です」

※写真左:MICHELIN X One:ワイドシングルタイヤ
※写真右:ミシュランTPMSクラウドサービス:タイヤの空気圧や内部温度が設定値を超えると警告メールが送られ事故やトラブルを未然に防止

【ミシュランについて】

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くタイヤ製造の世界的なリーダーです。11万4,000人以上の従業員を擁し、171カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。17カ国70製造拠点で約1億9千万本のタイヤを製造(2017年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いやモビリティ業界のための高い技術を提供しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。