> プレスリリース一覧にもどる

ミシュラン、加CAMSO(カムソ)社の買収を完了

~オフ・ザ・ロード(OTR)事業の強力なグローバル・リーダーに、最終買収額は13.6億米ドル~

ミシュラン(日本法人:日本ミシュランタイヤ株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:ポール・ペリニオ)は、CAMSO(カムソ)社の買収を完了しました。2018年7月12日に発表した条件に基づき、この買収取引に必要なすべての承認を得ております。最終的な買収総額は13.6億米ドル(約1,533億900万円 2018年12月18日時点)です。

カムソは売上高10億米ドルの企業であり、1982年以来、OTRモビリティソリューションを設計・製造・販売しています。農業機械やスノーモービル用のゴムクローラー、産業車両用のソリッドタイヤおよびバイアスタイヤの分野で市場を牽引する小型重機用クローラー・タイヤソリューションのトップ3企業のひとつです。クローラーおよび関連システムにおいて高い技術⼒を持ち、特にスリランカにおいて競争⼒の高い製造実績を誇ります。同社の主⼒ブランド「CAMSO(カムソ)」 「SOLIDEAL(ソリディール)」の認知度は高く、2012年以降年平均7%の急成⻑を遂げています。

カムソとの提携により、ミシュランはOTR市場のグローバル・リーダーとなり、カムソ経営陣の優れた手腕と、カナダにおけるミシュランの長年のプレゼンスを継承します。ケベック州に本社を置き、26の工場と約12,000名の社員に支えられ、カムソの2倍を超える売上高を見込み、世界的なリーダーとしてダイナミックに変化し続けるマーケットにおいて利益を生み出すものと期待されます。

CAMSO
2018年売上高(2017年4月1日~2018年3月31日):9億7,400万米ドル
社員数:7,700名
製造拠点:17か所
R&Dセンター:3か所
営業地域:100か国

(参考プレスリリース)
ミシュラン、加CAMSO(カムソ)社を買収 OTRにおけるグローバル・リーダーとしての地位を強化
2018年 7月 27日掲載

ミシュラン、加CAMSO(カムソ)社を買収 OTRにおけるグローバル・リーダーとしての地位を強化