> プレスリリース一覧にもどる

日本ミシュランタイヤ、東海3県を対象とした「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019 特別版」を来春発行

フランスのタイヤメーカー、日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ)は本日、愛知、岐阜、三重の3県全域を対象に厳選した飲食店・レストラン、宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019 特別版」を来春に発行することを発表いたします。国内で発行するミシュランガイドのセレクションに東海地方のエリアが初めて加わり、愛知、岐阜、三重の各県は20、21、22エリア目になります。

 

 

ミシュランガイドは、厳選した飲食店・レストラン、宿泊施設を紹介するガイドブックとして100年以上の歴史を持ち、現在世界29カ国をカバーしています。国内では2007年にアジア初となる「ミシュランガイド東京2008」を、2009年には「ミシュランガイド京都・大阪2010」を発行し、この2冊は毎年更新しています。また、「ミシュランガイド北海道 2012 特別版」(2012年発行)を皮切りに各地の特別版を発行しており、今年は愛媛、大分、熊本、鳥取の各県が新たなエリアとして追加されました。

 

 

 

 

 

 

 

愛知県は国内有数の経済都市・名古屋を擁す一方、伊勢湾や三河湾、濃尾平野をはじめとした豊かな自然に育まれた海産物や農作物のほか、八丁味噌、車エビや名古屋コーチンも有名です。岐阜県は、古き良き日本の歴史と文化が息づく白川郷や飛騨高山が国内のみならず海外からの観光客にも人気で、飛騨牛、富有柿や鮎などの産地として知られています。三重県は、伊勢志摩など美しい自然風景に出会える観光地があり、松阪牛、伊勢エビ、アワビや蛤など、シェフ・料理人が腕を振るうにふさわしい食材にあふれています。3県それぞれの地域の魅力を体験できる飲食店・レストラン、宿泊施設について、専門知識を持つミシュランガイドの調査員たちが現在調査を進めています。

 

日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長のポール・ペリニオは次のように述べています。
「愛知、岐阜、三重の3県をミシュランガイドのセレクションに加えることができ、大変光栄です。ミシュランガイドは、創業者のミシュラン兄弟がドライバーの皆さんに向け、『もっと快適に、もっと楽しく、もっと遠くへ』旅を楽しんでもらいたいと、車の修理方法やガソリンスタンド、快適なホテルなどを紹介した冊子を作り、配布したのが始まりです。1900年、フランスでの誕生から時を経て、読者の皆様におすすめしたい飲食店・レストランも掲載するようになりました。人・文化・経済の交流が盛んなこの3県は、私たち自動車産業に関わるものにとっても重要な地域です。人やモノのモビリティに貢献するミシュランタイヤとミシュランガイドが、皆様の楽しい旅のお役に立てることを願っています」

 

ミシュランガイドについて
1900年8月、初めてのミシュランガイドがフランスで発行されました。当初、ドライバーのために作成されたこのガイドには、タイヤの使い方と修理方法、自動車修理工場のリスト、ガソリンスタンド、ホテルやレストランなどの実用的な情報が多数掲載されていました。ミシュラン兄弟が目指したのは、自動車の活用を促進しひいてはタイヤ市場を発展させていくために、旅をより安全で楽しいものにすること、つまりモビリティを向上させることでした。これは現在もタイヤはもちろん、ミシュランの地図、ガイドブックなど各種刊行物も含め、共通の目標になっています。
1911年にヨーロッパ中を網羅したガイドブックが完成し、1926年、「おいしい料理を星の数で表す」評価法がスタートしました。ミシュランガイドはまたたく間に美食ガイドの代表格となりました。2006年に大西洋を渡りニューヨーク版、2007年以降はサンフランシスコ、ラスベガス、シカゴの各版が次々と発行され、アメリカでも範囲を拡大しています。2007年にアジア初となる東京版が発行され、その後毎年更新し、2016年に10年目を迎えました。2008年には香港・マカオ版も発行。また、2009年に日本で2番目となる京都・大阪版が発行され、今年で10年目を迎えました。国内では、2012年に初の特別版として北海道版、2013年に広島版、2014年に福岡・佐賀版、2015年に横浜・川崎・湘南版、兵庫版、2016年に富山・石川(金沢)版、奈良版が発行され、2017年には宮城版、全面的に再調査して更新した北海道版が発行されました。2018年は広島版を更新して愛媛県を追加した広島・愛媛版のほか、熊本・大分版、京都・大阪版に鳥取県を追加した1冊も発行しました。海外でも2015年にリオディジャネイロ&サンパウロ版、2016年にシンガポール版、上海版、ワシントンD.C.版、ソウル版、2017年にバンコク版、2018年に台北版、広州版が発行され、ますますエリアを拡大しております。

 

ミシュランについて
ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くタイヤ製造の世界的なリーダーです。11万4,000人以上の従業員を擁し、171カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。17カ国70製造拠点で、約1億9千万本のタイヤを製造(2017年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、モビリティ業界のための高い技術を提供しています。詳しくはwww.michelin.comをご参照ください。

日本のミシュランについて
ミシュランの日本における歩みは、1964年9月17日、東京オリンピック開幕の23日前に開通した浜松町・羽田空港間に新設のモノレールに採用されたミシュランスチールラジアル“X”タイヤから始まりました。日本ミシュランタイヤの歴史は東京オリンピックとともに始まったといっても過言ではありません。日本ミシュランタイヤは、ミシュラングループの基礎研究と日本・アジア地域の乗用車、ライトトラック用タイヤの開発を担うとともに、モーターサイクル用、乗用車・ライトトラック用、トラック・バス用から航空機用、建設機械・農業機械用まで、幅広いレンジのタイヤを取り扱い、ガイドブック事業、ライセンス事業も展開しています。