> プレスリリース一覧にもどる

ミシュラン、加CAMSO(カムソ)社を買収 OTRにおけるグローバル・リーダーとしての地位を強化

本リリースは、仏クレルモン=フェランで7 月12 日に発表した英文リリースの翻訳です

 

〜買収額は14億5千万ドル、買収後の企業価値は17億米ドル〜

ミシュラン(日本法人:日本ミシュランタイヤ株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:ポール・ペリニオ)は、カナダのケベック州マゴグに本社を置くCAMSO(カムソ)社を買収し、両社のオフ・ザ・ロード(OTR)事業を統合してケベック州で新部門を⽴ち上げる戦略的パートナーシップに合意しました。両社の共通する価値観およびイノベーションとR&Dの伝統と技術⼒を活かし、OTRモビリティにおける世界的リーダーとなる新会社を設⽴します。買収額は14億5000万ドル(約1609億5000万円)を予定しています。カムソは売上高10億米ドルの企業であり、1982年以来OTRモビリティソリューションを設計・製造・販売しています。農業機械やスノーモービル用のゴムクローラー、産業運搬機械用のソリッドタイヤおよびバイアスタイヤの分野で市場を牽引する小型重機用クローラー・タイヤソリューションのトップ3企業のひとつです。クローラーおよび関連システムにおいて高い技術⼒を持ち、特にスリランカにおいて競争⼒の高い製造実績を誇ります。同社の主⼒ブランド「CAMSO(カムソ)」 「SOLIDEAL(ソリディール)」の認知度は高く、2012年以降年平均7%の急成⻑を遂げています。今回の買収により、ミシュランはケベック州にOTRの本社を置きます。事業は、カムソ経営陣の知⾒とカナダにおけるミシュランの⻑年のプレゼンスを継承し、26カ所の工場と約12,000人の従業員により支えられます。

カムソ買収は、ミシュランに成⻑とコスト削減をもたらし、2021年までに最⼤で5,500万米ドルの相乗効果を引き出すと予測しています。買収後の企業価値は17億米ドルを⾒込み、これはEBITDA*(利払い・税引き・償却前利益)の8.3倍に相当します。グループの財務状態は堅調であり、この買収が業績に影響を与えることはありません。

 

ミシュラングループの最高経営責任者ジャン=ドミニク・スナールは次のように述べています。
「ミシュランとカムソには多くの共通する価値観があります。この買収は双方にとって素晴らしいチャンスです。ミシュランはOTRモビリティ市場におけるカムソの技術を、カムソは特殊製品市場においてミシュランが有するすべての専門的知識を、それぞれ享受することになります」

 

カムソ会⻑のPierre Marcouillerは次のように述べています。「ミシュランとカムソは相通じる企業文化と、成⻑の可能性を持っています。今回の提携は双方にとって素晴らしい機会となるでしょう。カムソは世界的OTR市場リーダーになるという⼤きな目標のもと、チーム・技術・製造に関する資産と顧客重視の理念で貢献します。
今回の提携は、カムソ全株主の承認を得ています」今回の買収により、以下の補完的サービス提供が実現します。

 

<マーケティング・販売におけるメリット>
• 農業市場では、プレミアムラジアルタイヤおよびクローラの包括的ラインナップを顧客に提供する独自の事業体を設⽴
• 建設市場では、カムソのバイアスタイヤおよびクローラ提供によりミシュランのラインナップを強化
• 産業運搬機器市場では、高い評価を得ている「SOLIDEAL」と「CAMSO」ブランドを活用してソリッドタイヤにおける市場リーダーに
なお、新事業体の展開も、両社の相互補完的な流通ネットワークを活用します。

 

<技術分野におけるメリット>
両社の研究グループは、クローラおよびエアレスタイヤのイノベーションを推進します。ミシュランタイヤの特徴である「履き始めから履き替えまで続く性能 (Long Lasting Performance)」は、市場における差別化要因かつ環境負荷削減の重要な原動⼒です。両社のR&Dの知⾒の相互交流により、持続可能なモビリティを支える世界的技術リーダーとして、ミシュランはより強固な地盤固めが可能になります。さらに、優れたトラクション(駆動⼒)を維持しながら土壌圧縮を低減する技術など、ミシュランが従来持っている高い技術⼒は、カムソが開発する製品にもフィードバックされます。

 

<製造におけるメリット>
カムソはスリランカやベトナムなど、新興市場において強⼒な製造基盤を誇ります。

今回の取引に関し、ミシュランが発表した方針は以下の通りです。
• OTR部門の意思決定の中心はマゴグにあるカムソ本社に置く。経営幹部を含む経営陣はマゴグオフィスを拠点とする
• カムソ本社の従業員(300名、うちR&D部門100名)はそのままとし、ケベック州の既存のR&D事業および製造部門の雇用も維持する
• グローバルビジネスの監督に必要となる新たな⼀連の技術、および部門の売上高において期待される成⻑は、今後マゴグ地域でのクオリティの高い雇用の新規創出につながる

 

今回の買収により、ミシュラングループはタイヤおよびサービス分野の拡⼤、および原材料・流通の戦略的展開を並⾏して実施します。ミシュランはまた、Fenner買収によって予想される相乗効果を当初発表の3,000万ポンドから6,000万ポンドに上方修正したことも発表しています。

EU規則第596/2014に従い、当プレスリリースには内部情報が含まれている可能性があります。
*(2018年4月1日〜2019年3月31日)

英文プレスリリース

https://www.michelin.com/eng/media-room/press-and-news/press-releases/Finance/2018-07-12-3-02PM-Press-release-Michelin-Strengthens-its-Global-Leadership-Position-in-the-Specialty-Businesses-With-the-Acquisition-of-Camso

ミシュランについて
ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くタイヤ製造の世界的なリーダーです。11 万4,000 人以上の従業員を擁し、171 カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。17 カ国70 製造拠点で、約1 億9 千万本のタイヤを製造(2017 年実績)するとともに、デジタルサービス、旅⾏ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、モビリティ業界のための高い技術を提供しています。詳しくはwww.michelin.comをご参照ください。