> プレスリリース一覧にもどる

日本ミシュランタイヤ スタッドレスタイヤ『MICHELIN X-ICE3+』に22サイズを新たに追加

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ)は、2017年8月より販売しているスタッドレスタイヤ「MICHELIN X-ICE3+(ミシュラン エックス アイス スリープラス)」に16インチから19インチの計22サイズを新たに追加し、8月1より順次発売します。価格はオープンです。

ミシュランが1982年に日本市場で初めてスタッドレスタイヤの販売を開始してから35年目にあたる2017年に発表したMICHELIN X-ICE3+は、ミシュランのタイヤづくりのポリシーである「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」を受け継いでいます。履き始めだけでなく履き替え時においてもアイスブレーキング性能を向上させ、消費者に安心と安全を提供することを目的として開発されたスタッドレスタイヤです。

【追加サイズ】

※⑨は9月発売予定となります。

【ミシュラン・トータル・パフォーマンス】
安全性、快適性、省燃費性能、そしてこれらの性能を持続させるための耐久性など、タイヤにはたくさんの性能が求められます。そこで私たちは、あるひとつの性能に秀でたものをつくるのではなく、すべての性能を追求する道を選びました。どの性能も水準以上のパフォーマンスを備え、かつ、それぞれが調和していること。それが「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」。あるひとつの性能に秀でたものをつくるのではなく、すべての性能を追求する道を選びました。